WordPress

WordPress Post Snippetsプラグインの使い方 ショートコードのプラグイン化

Post Snippetsプラグイン ショートコード

【PR】クリエイター募集
スマホ写真でお小遣い

無料写真素材なら【写真AC】

Post Snippetsプラグインは、定型文やよく使うHTMLの記述を登録しておくと、投稿の編集を行う際に便利なプラグインです

よく使う文章を登録しておくことできますし、けっこう長い文章でも大丈夫ですし、ショートコードを登録しておいたり、PHPのプログラムを登録しておくこともできます

短いPHPプログラムであれば、Post Snippetsだけで動作させることが可能です

プログラミングも遊びになる
toio ( トイオ ) バリューパック「つくって、あそんで、ひらめいて」
ロボットトイ 一人でもみんなでも 手を動かして遊ぶ 創意工夫を引き出す

対象年齢6歳から
飽きずに遊べる つくる楽しさ
ビジュアルプログラミングで
広がる創造の世界
楽天市場
アマゾン
ヤフー

WordPress Posts Snippetsプラグインの使い方

WordPressでPHP関数をショートコードを使って埋め込んで呼び出す方法を記事にしていますが、Post Snippetsプラグインを使うと、PHPプログラムをPost Snippetsに登録しておいて、ショートコードにして呼び出して動かすこともできます

Post Snippetsプラグインに定形文やHTMLを登録

Post Snippetsプラグインは、HTMLや定形フレーズ、定型文を登録しておいて使うのに便利なプラグインです

同じHTMLや定型文のコードを何回も使いたいときに、Post Snippetsに登録しておけば、エディター上のメニューで簡単に呼び出して使うことができます

・ちょっと長めのフレーズを登録しておいて使い回す

・カスタマイズしたボタンや枠線のHTMLを登録しておいて使う

・アフィリエイトタグを登録しておいて使う

というようなことができます

短フレーズなら、日本語入力の辞書に登録しておくとか、ブラウザがChromeなら拡張機能にClipboardツールを入れておいて登録しておくとかといった方法もありますが、フレーズが長くなったり、HTMLタグだったりすると使いづらくなります

そういうものは、Post Snippetsプラグインに登録して使いましょう

Post Snippetsプラグインにショートコードを登録

Post Snippetsプラグインには、ショートコードとして登録しておくこともできます

ショートコードで登録したものを呼び出して、記事などに貼り付けておいた場合は、Post Snippetsに登録してあるコードを変更すれば、ショートコードで埋め込んだところすべてに変更を反映させることができます

投稿を新規編集するときにPost Snippetsを呼び出して、効率よく編集作業をするだけでなく、Post Snippetsにショートコードとして登録しておき、ショートコードを挿入したところをいっぺんに書き換えるという使い方もできるのです

Posts Snippets ショートコード登録の応用編

Post SnippetsプラグインにPHPプログラムを登録

このPost Snippetsですが、HTMLや定型文だけでなく、PHPプログラムを登録することもできます

ショートコードにしておいて、PHPコードとして登録すれば、ショートコードで貼り付けたところで、PHPプログラムを実行することができるようになります

function.phpにショートコードを登録したり、ショートコードで呼び出す関数をプラグイン化しておかなくても、Post Snippetsでショートコード化した簡単なPHPプログラムを実行することができます

WordPress ショートコード プラグイン化対応

Post SnippetsプラグインのショートコードでPHP動作

こちらは、Post Snippetsプラグインにadd_php_shortcodeという名前で、Snippetsを追加したものです

PHPとして書いています

画面に「ハローワールド」と表示して、valueという変数の中身を表示するという簡単なコードです

 

Post Snippetsプラグイン PHPコードの登録Post Snippetsプラグイン PHPコードの登録

Post Snippetsプラグイン PHPコードの登録

Post Snippetsプラグインの設定で、Variablesに変数「value」を入れて、Sortcode Optionsで、PHP Codeを選択すれば、上記のコードがPHPコードして登録されて、このSnippetをPHPプログラムが動作するショートコードして使えるようになります

 

Post Snippetsプラグイン PHPコードの設定Post Snippetsプラグイン PHPコードの設定

記事の編集画面で、Post Snippetsの登録コードから、このadd_php_shoprtcodeのSnippetを呼び出すと、valueに値を入れることができるようになっています

そして、このショートコードを記事内に貼り付ける(Insert)ことができ、貼り付けた位置でPHPプログラムが動作します

 

Post Snippetsプラグイン PHPコードの呼び出しPost Snippetsプラグイン PHPコードの呼び出し

こちらがInsertして、投稿記事編集画面にショートコードを貼りつけた状態です

Post Snippetsプラグイン PHPコードの呼び出しPost Snippetsプラグイン PHPコードの呼び出し

これで、ハローワールドとvalueに設定されている値が表示されます

こちらが、引用枠内に上記のショートコードを入れてPHPコードを実行するとこのように表示されます

ハローワールド

明日は晴れですか?

 

このように、Post Snippetsプラグインを使えば、簡単なPHPプログラムなら、ショートコードにして埋め込むことができますし、PHPプログラムに渡す変数の設定も可能です

変数はカンマ区切りで複数設定することも可能です

Post Snippetsプラグインの登録枠内に大きなPHPプログラムを書き込むのは、かなり扱いにくいと思いますので、短い簡単なPHPコードに限られると思いますが、簡単なものなら、function.phpに追加したり、プラグイン化したりせずに、PHPプログラムを使うことができます

WordPress対応 レンタルサーバー

WordPressサイトの運営に使っているレンタルサーバーについてです

WordPressも使いたい、サブサイト・複数サイトの運営、テストサイトの運営、PHPでWebプログラミング、試作プログラムを動かすWebサイトには、安くて使いやすいのでロリポップ!のライトプランを利用することが多いです

WordPressレンタルサーバー比較
WordPressレンタルサーバー比較 プログラミングにも適したサーバーは?WordPressレンタルサーバー比較 プログラミングにも適したサーバーは? WordPress・PHP対応に適したレンタルサーバー比較...