Multilingual

Polylangプラグインの使い方 WordPress多言語対応プラグイン

多言語対応プラグインPolylang

【PR】クリエイター募集
スマホ写真でお小遣い

無料写真素材なら【写真AC】

WordPress多言語対応プラグインとして、Polylangプラグインを使用しています

対応する複数言語の記事は、それぞれの言語に翻訳した記事を作成しなければならないですが、翻訳した記事同士はalternateタグで対応づけられるとともに、言語スイッチャーで言語を切り替えることで、表示する投稿記事を切り替えることができるようになります

Polylang多言語対応プラグインでできること

Polylangプラグインの特徴

多言語対応するためには、それぞれの言語の翻訳ページは自分で用意するわけですが、Polylangプラグインを使うと、それぞれの言語ごとに作成した翻訳ページを対応付けることができます

投稿ページの記事だけではなく、固定ページ、カテゴリー、タグ、プロフィール、メデイアといったものも対応する言語ごとに作成することができますし、ウィジェットも全ての言語あるいは指定の言語で表示するかを選択することができます

それぞれの言語ごとに翻訳したものを用意する必要はありますが、Polylangプラグインによって対応づけされます

例えば、こちらは投稿ページの英語記事の編集画面ですが、それぞれの記事にどの言語の記事が作成されているかがわかります

鉛筆マークになっている日本語記事はすでに作成されていて、その他の言語が「+」となっているのはまだ作成していない状態です

polylangの使い方 投稿ページpolylangの使い方 投稿ページ

Polylang多言語対応プラグインで検索エンジン対応

Polylangプラグインでは、link relのalternateタグの設定が自動的に行われます

このページには「日本語の代わりに英語の記事があります」とか、「中国語の記事があります」といったことを検索エンジンに伝えるためのタグです

サイトのHTMLの<head>〜</head>に間に自動的に下記のようなタグを入れてくれます

<link rel=”alternate” href=”http://boccitabi.net/” hreflang=”ja” />
<link rel=”alternate” href=”http://boccitabi.net/en/” hreflang=”en” />

Google Website Translatorなどでの多言語対応は、サイトへの訪問者への見た目を切り替えるだけですが、Polylangプラグインの場合は検索エンジンからも多言語対応されていて、他の言語のページがあることが認識されることになります

Polylangの使い方 多言語対応プラグイン

Polylangプラグインの使い方 初期設定

Polylangプラグインをインストールすると言語のメニューが追加されますので、まずはどの言語に対応するかを選択します

元の記事は日本語だと思いますので、まずは日本語(ja)を選んで追加しましょう

後で変更することもできますが、最初に追加した言語がデフォルトの言語になります(リストの★マークの欄をクリックすると切り替えられます)

一番下に順序というのがありますが、ここに入れた数値の順番にしたがって言語スイッチャーで言語が表示されます

polylangの使い方 設定polylangの使い方 設定

対応する言語の追加を行ったら、このページの上に表示されている「これらすべてをデフォルトの言語に設定できます。」をクリックして、投稿、ページ、カテゴリー、タグの既存のものをデフォルトの日本語に設定しておきます

「文字列翻訳」メニューでは、サイトのタイトルやキャッチフレーズ、日付フォーマット、時刻フォーマット、ウィジェットのタイトルなどを、各言語ごとに設定しておきます

「設定」メニューには、URLの修正などいくつか設定する項目がありますが、特に設定変更は行わずに使用しました

「Lingotek」メニューもあります

Lingotek Transrateは、翻訳管理システムのプラグインでPolylangと統合化されています

無料の機械翻訳もありますし、さらにはオンライン翻訳ソフトの利用やプロフェッショナルへの翻訳のリクエスト機能などもあります

Polylangプラグインの使い方 投稿ページの翻訳

投稿ページの翻訳記事を作成してみます

こちらは、投稿一覧に表示されている投稿記事の翻訳記事の有無を表しています

日本語の記事は元からありましたのでチェックが入っています、英語と中国語は「+」となっているのは、まだ記事がないことを表しています

投稿一覧画面でこの「+」をクリックすると、その言語の投稿記事編集画面へ行きます

polylangの使い方 投稿ページpolylangの使い方 投稿ページ

投稿編集画面のこちらの「+」をクリックすることでも、その言語の投稿編集画面へ行って翻訳投稿記事を編集することができます

polylangの使い方 投稿ページpolylangの使い方 投稿ページ

選択した言語の投稿ページの編集画面で、翻訳した記事を作成します

Polylangプラグインの使い方 カテゴリー・タグ

カテゴリーやタグも同様の方法で他の言語に翻訳したものを作成することができます

カテゴリーはあらかじめ複数言語に対応するように作成しておいたほうが良いです

投稿編集画面からカテゴリーを新規追加すると、デフォルト言語のカテゴリーとして作成されてしまうようで、言語間の対応がつきませんでした

あらかじめカテゴリーは言語間の対応づけをつけて作成しておき、投稿編集画面では作成済みのカテゴリーから選ぶようにしています

ただし、投稿編集画面でページのカテゴリーを選ぶときに、他の言語用のカテゴリーも全部表示されてしまっているのでカテゴリーが多いと選ぶのが面倒です

ハングルも中国語の繁体字も簡体字もといろいろ並ぶとわけがわからなくなります

タグもカテゴリー同様の方法で複数言語に対応できるのですが、タグは投稿編集を行いながら追加したくなりますし、数も多くなるので、言語間の対応づけを行うのは大変で諦めてしまいました

タグを厳選し、最低限のタグで運用するのであれば、カテゴリー同様の対応が可能でしょう

カテゴリーもタグも言語間での対応をつけておけば、カテゴリページ、タグページでも言語スイッチャーによる言語切替で、表示されるカテゴリーやタグに関連した投稿ページも切り替わってくれます

Polylangプラグインの使い方 メニュー

メニューも言語ごとにつくることができますし、言語ごとに作成して、設置する言語を選択することができます

polylangの使い方 メニューpolylangの使い方 メニュー

Polylangプラグインの使い方 ウィジェット

ウィジェットは、ウィジェットごとに全言語で表示するか、あるいは、特定の言語で表示するかを設定することができます

また、ウィジェットタイトルは、「文字列翻訳」メニューで各言語に対応したタイトルを設定することができます

Polylangプラグインの使い方 メディア

画像などのメディアも、言語ごとに代替テキストやキャプションの設定を行うことができます

メディアの管理画面に言語の項目が表示されていて切り替えられますから、切り替えて言語に従った代替テキストやキャプションを入力して使えます

Polylangプラグインの使い方 アイキャッチ画像

元の投稿ページにアイキャッチ画像が設定されている場合、他言語の投稿ページを生成するとアイキャッチ画像は引き継がれていて、生成した他言語の編集画面であらためてアイキャッチ画像を設定する必要はありませんでした

アイキャッチのキャプションも、言語ごとにメデイアのキャプション設定を行っている画像は、対応言語のキャプションに置き変わっていてくれました

Polylangプラグインの使い方 言語の切り替え方

メニューにPolylangプラグインをインストールすると使えるようになる言語スイッチャーを設定しておけば、スイッチャーで言語を選択することで言語が切り替わってくれます

こちらはプルダウン式にしたPolylangの言語スイッチャーで、メニューに設定います

言語スイッチャーはウィジェットにも用意されていますので、ウィジェットに入れても良いでしょう

Polylang言語スイッチャーPolylang言語スイッチャー

言語スイッチャーで切り替えることで表示中のサイトが選択した言語のサイトに切り替わります

サイトタイトルもキャッチフレーズも「文字列翻訳」メニューで設定した通りに切り替わります

投稿ページ表示中なら、切り替えた言語の投稿ベージが表示されます

ブラウザも日本語のページではない他言語のページだと認識してくれています

全部のページを翻訳できていなくても、翻訳ができていない投稿ページで切り替えを行った場合は、その言語のホームへ飛んでくれますから、既存のサイトを順次翻訳していくということができます

翻訳記事を作るのは大変ですけれど、Polylangプラグインを使用することで、翻訳をしっかり行えば、多言語対応サイトを作ることができます

翻訳をお探しなら 翻訳の比較サイトはこちら

翻訳代行 一括.jp

Polylang多言語対応プラグイン 関連プラグイン

PolylangとLingotek Transrateの統合について

Polylangプラグインは、自動翻訳プラグインLingotek Transrateプラグインと統合しています

まだ無料の機械翻訳を行うところまでしかまだ利用していませんが、Lingotek Transrateを使用してみましたので、こちらをご覧ください

Lingotek Translationプラグインの使い方
Lingotek Translationプラグインの使い方 Polylang連携 多言語対応と自動翻訳Lingotek Translationプラグインの使い方 Polylang連携 多言語対応と自動翻訳...

簡易多言語対応プラグイン

簡単にできる簡易多言語対応プラグインについてはこちらを参考にしてください

Google Website Translatorプラグイン
Google Website Translatorプラグイン 簡易WordPress自動翻訳プラグインGoogle Website Translatorプラグイン 簡易WordPress自動翻訳プラグイン Jetpack by WordPress.com PolylangとLingotek Translation...

WordPressでサイト運営 レンタルサーバー比較

WordPressでサイトの作成運営をするなら、サーバーが必要です

使用しているレンタルサーバーについて、こちらを参考にしてください

WordPressを使うならロリポップ!
簡単インストール完備で楽々スタート!

WordPressレンタルサーバー比較
WordPressレンタルサーバー比較 プログラミングにも適したサーバーは?WordPressレンタルサーバー比較 プログラミングにも適したサーバーは? WordPress・PHP対応に適したレンタルサーバー比較...