WordPress

WordPress テーマ・プラグインの有償無償と再配布 GPLについて


WordPress テーマ・プラグインの有償無償と再配布 GPLについて

感じていること、私見を述べさせていただきます

テーマやプラグインの再配布がときどき問題になります

問題になることはよいのですが、考え方に思うことがあります


WordPressのライセンスはGPL

ライセンス GPL 基本的な考え方

WordPressのライセンスはGPLです

GPLのライセンスの基本的な考え方は「自由」だと思います

そして、GPLのソフトウェアを利用して開発し配布するソフトウェアは、GPLにしないとならない

自由を制限しないことという条件で利用できるものなので、自由を制限せずに配布しないとならない

有償でも無償でもどちらでも自由にしてOK、自由にしてくださいという宣言をして配布しているものだということだと思います

GPL あくまで自由 制限してはいけない

あくまでも自由です

商用であろうが、有償でも、無償でも、自由を制限しないことを条件に、使ってもよいですよというライセンスだというのが基本だと思います

モラルとか倫理や開発する人のモチベーションなどいろいろありますが、そういったものからも自由を制限しないことというのがGPLで、自由を最大限尊重することでソフトウェアを発展させていくということだと思います

WordPress GPLの有償テーマ・有償プラグインの再配布

有償テーマ・有償プラグインの再配布

GPLのテーマ、GPLのプラグインは、有償で配布しても、無償で配布してもよいものですよね

そして、GPLで配布されたものであれば、有償で再配布しても、無償で再配布してもよいというのが、GPL

追加の開発で機能改善や追加など改変して再配布してもよいですし、そのまま何も手を加えずに再配布しても自由

有償で配布されているものを、誰かが自由に無償で再配布して、無償で入手した人が、有償で再配布しても自由

連絡承諾いっさい不要で自由

自由を制限するほうがGPLに反するというものではないでしょうか?

スプリットライセンスや有償サポートは有り

WordPressでは、テーマやプラグインは、ソフトウェア全部をGPLとして配布することが推奨されているようです

WordPressの管理画面から登録されているテーマやプラグインを検索してダウンロードして使えますが、登録される条件はオールGPLだということのようです

しかし、テーマやプラグインを、オールGPL、100%GPLとしないことはできます

GPLのソフトウェアから開発した部分を配布するなら、その部分はGPLですが、それ以外はGPLにしないということは可能です

100%GPLにせずに、スプリットライセンスにして有償配布すると、GPLでない部分までは自由は及ばないわけです

CSSやデザインなどなど、ソフトウェアのGPLの部分を元にせずに開発して、GPLとしないで配布したところには自由は及びませんという方法ですね

サポートは有償ですというのもOK

先々は、無償で再配布した人、無償で配布を受けた人が自分の力でなんとかしてくださいという方法で、力を借りたければお金を払ってくださいということ

GPLの再配布 では自由にやっても大丈夫?

GPLの有償のテーマやプラグインを誰かが勝手に再配布したことがときどき問題になります

そして、誰かが手間をかけて開発して有償で配布したものなのだからと、倫理やモラルや開発者のモチベーションを理由にした批判が起こります

でも、これにはずっと違和感を感じていました

倫理やモラルや開発者からも自由を制限してはいけないのがGPLであって、制限するならGPLのソフトウェアを使わないで開発するということではないかと

批判の矛先が違うのではないかと感じていました

GPLなら、有償にせよ、無償にせよ、誰かが開発したものを自由に再配布してもよいのですが、自由に再配布したり、自由に再配布している人から受け入れたりしても大丈夫なのかは考える必要があります

ちょっと試しに使ってみて使うなら購入してよって、よく知っている人同士で融通し合うならまだしも、自由に再配布したり、されたものを利用するというのは考えないとなりません

100%GPLではないソフトウェアの、GPLにしていない部分も配布してしまうのは、もちろん許諾されないなら駄目です

例えば、有償サポートのテーマやプラグインを再配布したなら、再配布した人も再配布を受けた人も、その後は何かが起きても基本的にはサポートなしで、自分でなんとかしていかないとならないです

例えば、開発元以外のところから再配布している場合、開発元と同じものではない可能性もあるし、開発元のソフトウェアでは起こらないことが起こるかもしれないし、開発元に聞いても何も答えてはくれないかもしれない

開発元以外、WordPressに登録されているもの以外から再配布されたものなんて、どんな改変がされているかもわかりません

セキュリティホールがあっても更新版をもらえないかもしれない

なんとかできる力量がなければどうしようもなくなることや、得体のしれないものの利用で何かが起こることも受け入れるのかということではないのでしょうか?

これもモラル・倫理の範疇かもしれないのですが、自由にやって自分でなんとかする自由はありますが、自分でなんとかできないことになるからやめときなさいということではないかと思います

「モラルに欠ける」というより「リテラシーが低い」のほうがしっくりくるかもしれないです

GPLの場合は、開発者が手間をかけて作って有償で配布するものなのだから開発者の権利を保護するために無断で再配布するのはモラル・倫理に反するというのは違うと思うのです

どうでしょう?