WebAPI

Google Map APIの使い方 Google Map Platfomの登録・料金

Google Maps Platform Google Maps API

【PR】クリエイター募集
スマホ写真でお小遣い

無料写真素材なら【写真AC】

Gppgle Map APIを使ってGoogle Map埋め込みを行うphpとショートコードを作成して、ブログで使用してみました

しばらく使っていたのですが、ちょっと問題があって、使用方法を見直しました

プログラミングも遊びになる
toio ( トイオ ) バリューパック「つくって、あそんで、ひらめいて」
ロボットトイ 一人でもみんなでも 手を動かして遊ぶ 創意工夫を引き出す

対象年齢6歳から
飽きずに遊べる つくる楽しさ
ビジュアルプログラミングで
広がる創造の世界
楽天市場
アマゾン
ヤフー

Google Map API 登録・使い始めるには

Google Map Platform Google Map APIを使うプラットフォームです

Google Map APIを使うにはクレジットカードが必要です

Google Map APIは、Google Map Platformに登録することで使えるようになります

Google Map Platformを使うには、APIKEYが必要なのですが、クレジットカードの登録が必要です

Google Map PlatformのそれぞれのAPIは有料で、無料クレジット200ドル分の使用量以上に使うと、使用料が発生しますので、クレジットカードを登録しておく必要があるわけです

無料分には、1か月間に200ドル相当の無料クレジットがあるのと、お試し用の300ドル相当の無料クレジットがありました

最初は、アカウントを有料版にアップグレードせずに使っていましたので、お試し用の300ドルの無料クレジットを使って試していました

Google Map APIの無料クレジットについて

Google Map APIをお試し中、PVはないのに1か月でかなりのAPI使用量が発生したようで、1か月たつ前に300ドルの無料クレジットを使い切ってしまっていました

クローラーがアクセスして、phpでページが生成されるときにAPIが使われているからだと思います

アカウントを有料にアップグレードせずに使っていたのですが、300ドル分を使い果たしているのに、APIは使える状態になっていたんですね

300ドルを使い切った時点では、APIはエラーにならず、使い続けることができました

お試しではないアカウントにアップグレードすると、1か月200ドルの無料クレジットという運用になるのですが、アカウントをアップグレードしていなくても、1か月200ドルの無料クレジットが消費されるようになっているようなんです

お試し300ドルと1か月200ドルの無料クレジット、合わせた金額500ドルまではアカウントをアップグレードしていない状態でも、無料クレジットが消費されていました

500ドル分の無料クレジットを使い切ったところで、APIがエラーを返すようになっていて、データが取得できない状態になりました

大したPVもないのに、1か月で約50000円分の無料クレジットを使いきってしまっていました

これはAPIの使い方を見直さないとなりません

無料クレジットを使い切ってしまって、APIがエラーになり、情報が表示されなくなってしまったので、アカウントをアップグレードしてAPIを使えるようにしたところ若干費用が発生してしまいました

発生費用を抑えるようにAPIの使用方法を見直して使います

次月になれば、新たな200ドルの無料クレジットが適用になりますから、使用頻度を抑えることで無料クレジットでできるだけまかなえるようにしたいわけです

Google Map APIの利用料金

Places APIでは、ホテルやレストランなどの施設に関連する情報を取得するため、Places – Nearby Searchを使用し、かなりの使用量になっていました

また、施設の詳細情報は、Places Detailsを使っていましたが、これもかなりの使用量です

基本データと合わせて、電話番号やURLなどの連絡先データ(Contact Data)、口コミやレビュー点数などの雰囲気データ(Atmosphere Data)なども全部まとめて取っていましたが、基本データをとると基本料金がかかり、連絡先データ(Contact Data)や雰囲気データ(Atmosphere Data)はそれぞれの追加料金が必要です

まとめて取っていましたので、追加料金込みの費用がかかっていました

必要なデータに限る場合は、Places Datailsを使うときに、Fieldsパラメータで要素を特定してやる必要があります

施設を検索してリストにするときには、Places – Text Searchを使っていましたが、こちらはそれほどのアクセス量はなかったみたいです

リスト作成ページにはそれほどアクセスはなかったようですが、詳細情報のページのほうが量が多いですし、アクセスが多くなったようです

あとは、写真を取得するためのPlaces Photo、地図を取得するためのマップのAPIであるMaps Embed APIの使用です

マップのAPIのMaps Embed APIは、モードに当初Searchを使っていたのですが、これはEmbed Advancedになります

Maps Embed APIは、Embed Advancedは有料ですが、アドバンスに該当しないEmbedだと無料で使えます

モードが、Direction、Street View、Searchだと有料なのですが、これは、PlaceかViewにしておけば無料になります

Google Map APIの使用方法

使用しているGoogle Map API

使ってみているGoogle Map PlatformのAPIは、マップ、ルート、プレイスの3種類のうち、マップとプレイスです

マップは、観光地や観光施設、名所、旧跡、レストラン、ホテルなど施設や場所、いろいろなスポットをグーグルマップを連携表示させるために使えます

プレイスは、そういった場所を検索したり、検索した結果から施設の住所や連絡先や口コミや写真などを連携させるために使えます

ブログのPVはそれほどありませんが、APIを組み込んであるページにアクセスがあると、APIが使われますので、アクセスが増えるとAPIの使用量が増えます

なるべく使わないようにする、データをキャッシュしておくなどの工夫が必要です

Google Map API APIの使い方変更

使い方の見直しとしては、Places – Nearby Searchはとりあえず使うのをやめました

Detailも使用頻度を抑えます

ブログ記事に施設の情報を埋め込みを行う場合は、記事生成時にPlaces Detailを呼び出してデータを取得し、動的に表示するようにしていましたが、記事作成時にPlaces Detailで基本情報を取得し、記事に静的に埋め込むようにしようと思います

埋め込み用のコードを作るためには、Places – Text Searchで検索して、Places Detailで詳細情報をとってくることが必要で、それようのページも作ってはいますが、このページはIndexさせないようにして、クローラーにGoogle Map APIを消費されるのは防止します

コードを生成しての静的埋め込み、Photoは使わずに節約です

Photoを使わず、Detailの基本データだけだとちょっと寂しいですが、詳細情報に行けば、口コミやフォトを見られます

Google Map API APIの使用例

APIを使用して取得した情報を表示したものです

Photoを使わず、Detailの基本データだけだとちょっと寂しいですが、一応Google Map は埋め込みました


鎌倉大仏殿高徳院
住所 日本、〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷4丁目2−28
この場所の詳細情報


 

詳細情報に行けば、口コミやフォトを見られます

Google Placeの検索ページも作成していますが、検索ページからのPlaces Detailの使用はやめ、Detailは使用頻度を下げています

またMaps Embed APIについても、モードをSearchからPlaceに変更しています

緯度経度と施設名称から地図を表示する場合は、Placeでも特に問題はなさそうです