WordPress

WordPressでEXIT情報削除 デジタル写真画像のEXIF情報処理

デジタル画像 WordPress EXIF情報

ブログにはスマートフォンやデジタルカメラで撮影したデジタル画像を多く使用しています

デジタル画像にはEXIF情報という撮影時の情報が付与されています

このデジタル画像のEXIF情報とはどんなものなのかと、WordPressでデジタル画像を使う際の処置について書いておきます

プログラミングも遊びになる
toio ( トイオ ) バリューパック「つくって、あそんで、ひらめいて」
ロボットトイ 一人でもみんなでも 手を動かして遊ぶ 創意工夫を引き出す

対象年齢6歳から
飽きずに遊べる つくる楽しさ
ビジュアルプログラミングで
広がる創造の世界
楽天市場
アマゾン
ヤフー

WordPress デジタル画像のEXIF情報の処置

デジタル画像データのEXIF情報とは

デジタルカメラやスマートフォンで撮影したデジタル画像には、EXIF情報がついています

撮影したら自動的についていて、その内容は、撮影日、サイズ、解像度、シャッタースピードや絞り、ISOなどの撮影条件、デバイス名などです

そして、GPSつきのスマートフォンやカメラで位置情報を使用する設定をしていると撮影した場所の緯度経度も入ります

画像を、パソコンでみるとビューワーのメニューのファイル情報などでみることができる情報です

デジタル画像EXIF情報デジタル画像EXIF情報

この画像は、iphone8を使っている画像なので、デバイスにはiphone8と表示されています

これがEXIF情報です

無料ブログサービスやSNSなどでは、アップロード画像の設定でEXIF情報を削除する設定があったり、そもそもEXIF情報を残さないようにしているところが多いですが、WordPressの場合は、何も対策しないと残ってしまいます

そして、投稿記事などからデジタル画像を取り出して、ファイル情報をみるとEXIF情報がみえてしまうわけです

EXIF情報の位置情報・時刻情報の問題点

EXIF情報の中でも特に問題になるのは、位置情報です

位置情報以外の撮影日時、サイズ、撮影条件、デバイスだと、そこまで気にしなくてもよいのかなとも思いますが、位置情報があるとどこにいるかがわかってしまいます

時刻情報で撮影場所にいつ行って撮影したかがわかるのが問題となることもありますが、位置情報については、残っていると画像からはわからない場所でも、いつどこにいたかが特定できてしまいます

旅行先の写真、観光地や街なかなどであれば、EXIF情報を情報を見るまでもなく写真に写っている内容で場所が特定できることも多いのですが、どこにいるかわからないように撮った写真や、自宅や職場周辺とか、友人知人親戚宅周辺などプライベートな写真にEXIFの位置情報が残ってしまうと、どこにいるか、どこに住んでいるか、普段よく立ち寄る場所がどこかなどの個人情報が画像から漏れてしまうことになります

したがって、ブログやSNSなど公衆の場へデジタル画像データを出す際には、EXIF情報を適切に処置しておかないとならないわけです

WordPressでのEXIF情報の削除

スマホなどでは位置情報の利用の設定で、カメラでは位置情報を使わない設定にしておけば、位置情報がEXIF情報に入ることはなくなるので、対策としてはそれでも良いかもしれません

しかし、EXIF情報が残っていると、デジタル画像を整理する際には便利です

位置情報が残っていると、パソコンでデジタル画像ファイルを開いて、ファイル情報を表示させると、撮影場所の地図が表示されますし、クラウドの写真データ保存サービスなどでは、位置情報を元に自動的に場所に紐付いたアルバムを作成してくれたりもします

どこで撮ったか写真を後から見てわかるのは便利です

そこで、WordPressでデジタル写真画像を利用する場合には、EXIF情報の処置が必要になります

WordPressプラグイン EWWW Image Optimizer

EXIF情報削除するプラグイン EWWW Image Optimizer

EXIF情報を削除できるプラグインがあります

デジタル画像の圧縮もやってれます(無料版は少しサイズが小さくなるくらいですね)

EWWW Image Optimizer です

プラグインをインストールすると、プラグインの設定で、メタデータを削除というのがあります

これで、WordPressにアップロードするデジタル画像から、EXIF情報を削除してくれます

EWWW Image OptimizerEWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizer 利用する際の注意

WordPressブログで、すでにたくさんのデジタル画像を使っている場合についてです

すでに過去からWordPressにアップロードしているデジタル画像については、このメタデータ削除にチェックを入れるだけではだめです

EWWW Image Optimizerでメディア一括変換を行わないとなりません

やり方は、簡単です

プラグインの設定画面の上のほうか、またはメディアのメニューに、一括最適化というのがありますから、「最適化されていない画像をスキャンする」をやればいいのです

画像が多いとかなり時間がかかりますが、待っていればできます

EWWW Image Optimizer メディア一括変換実施結果

それで、メディア一括変換をやってみました

すでに大量の画像を使っている状態で行ったので、時間は一時間以上かかりました

ここで問題が発生しました

なんと画像が横向きになってしまっているのが出てきてしまいました

それとアイキャッチ画像で黒い余白がでる画像も出てきてしまいました

けっこうな数の画像で発生してしまいました

アイキャッチ画像は、あまりサイズを気にせず、サイズを統一せずに使用していたことが余白に影響がでたようです

アイキャッチ画像で対応必要なものはそれほどの数はなくてよかったのですが、横向きになっている画像はどれくらいあるのか、調べてみないとわからない状態でした

画像が見られなくなってしまったわけではないので、あわてずゆっくり粛々と直していきましたが、けっこう数がありました

デジタル画像の圧縮とEXIF情報の処理

デジタル画像の最適化 リサイズと画質低下でサイズ圧縮

EWWW Image Optimizerは、EXIF情報の処理とともに、デジタル画像の圧縮もやってくれるプラグインです

スマホやデジタルカメラで撮った写真をWordPressのサイトでそのまま使用していると、デジタル画像のサイズが大きくディスク容量をどんどん食っていってしまいます

さらに問題なのは、WordPressサイトの表示時にデジタル画像データの読み込みに大きな負荷がかかりサイト表示が遅くなってしまう要因になります

デジタル画像は必要十分にリサイズして、見た目の画質が落ちない程度に画像品質を落とし、サイズ圧縮して使わないとなりません

しかし、EXIF情報を削除するだけならば、EWWW Image Optimizerプラグインでも良かったのですが、EWWW Image Optimizerで十分に大きな圧縮しようとすると有料になります

1枚1円ぐらいだったと思うのですが、WordPressではアップロードした1枚の画像をいくつものサイズに自動的に変換していろんなサイズの画像を使っていますので、アップロードする枚数よりもかなり枚数が増えてしまいます

何千枚、何万枚となってくると必要な金額が大きくなってしまいます

デジタル画像の最適化ツール リサイズ超簡単!Pro

そこで、WordPressにデジタル画像をアップロードする前に画像圧縮ツールを使って、画像圧縮をあらかじめかけて画像サイズを小さくしてからアップロードするようにしました

EXIF情報の処理もできるツールなので、現在はEWWW Image Optimizerプラグインを利用せず、アップロード前に画像を処理するようにしています

こちらで説明しています

デジタル画像リサイズ圧縮
WordPressデジタル画像の圧縮処理について リサイズ超簡単!ProWordPressデジタル画像の圧縮処理について プラグイン リサイズ超簡単!Pro ...

デジタル画像の無料ダウンロード&投稿プラットフォーム

デジタル画像、デジタル写真の無料素材ダウンロードサイト

無料写真素材なら【写真AC】

背景画像やサイト作成用のデジタル素材など、さまざまの用途に使える写真素材を無料でダウンロードできます(有料のプレミアム会員もあります)

写真素材の無料ダウンロードできるだけでなく、写真素材を投稿するクリエイター会員になるのも簡単です

スマホ写真もOKですから気軽に投稿でき、投稿素材がダウンロードされると1ダウンロードあたり最大10ポイント(10円相当)もらえます

写真素材ダウンロードサイト【写真AC】